REGULATOR WEB STORE





BRAND HISTORY


1991年3月 リチャード・ウールコットとタッカー・ホールの2人は、その後の人生を変えてしまうことになるスノーボードトリップに出かけることになった。

タッカーは仕事をクビになったばかりだったが、それがネイサン・フレッチャーとマーク・ガブリエルのいるタホへの、恒例になっていたトリップを中止する理由には特にならなかった。

2人が4日間のパウダースノーを味わった後、
リチャードは仕事先に電話をし、大雪を理由に欠勤願いを届け出た。

結果、2人は1週間以上にわたって毎日積もる2フィートのパウダーをたっぷりと堪能し、帰途についた。
2人にとっては初めてのパウダー体験であり、そのトリップの過程で体の内に湧いたきた「新しい欲求」が収まることはなかった。

2週間後、リチャードは仕事を辞めた。
休養とスノーボードと向き合う時間が必要だった。
この時、タッカーとトリップの最中に話し合った構想はまだ具体化していなかったが、春になってついに2人は、ライディングスポーツ(スノーボード・スケートボード・サーフィン)を軸にしたクロージングカンパニーの創業を決意した。

初期投資はリチャードの父から借りた5000ドル。
最初にブランドネームが決まり、STONEをモチーフにしたロゴが出来た。

そしてVOLCOMが始まった。

VOLCOMが体現する精神には、当時の若者たちの気分を象徴する"Youth Against Establishment"
(社会体制に反発する若者)を掲げ、若い世代のクリエイティビティーを支持する姿勢を強く打ち出した。

LA暴動や湾岸戦争が起き、スノーボードやスケートボードが斜陽に見られていた時代を背景に、VOLCOMは権威による支配に屈しない集団として立ち上がった。
社会には「変化」が求められていた。リチャードとタッカーの2人は、ありとあらゆるライダーたちと、文字通り「ノリまくる」旅をしながら世界中を周った。

ビジネスの規模は最小だった。
本社はニューポートビーチのリチャードの、そしてセールスはハンティントンビーチにあるタッカーの、お互いの自宅ベッドルームに置いた。

服作りについて知っていることは何もなかったが、一切関係なかった。自分たちの信念と創造力にすべてを懸けることが重要だった。

最初の年の売上は2600ドル。VOLCOMの冒険はそこから始まり、"VOLCOM STONE"はゆっくりと、世界中に浸透していった。

今では会社としても成熟したが、精神は創業時からひとつも変わっていない。
VOLCOMはアート、音楽、映像、アスリート、そしてウェアにいつもその創造性を宿している。



WHO WE ARE / VOLCOMとは



VOLCOMはユースカルチャーのクリエイティビティーを体現した現代的なライフスタイルブランドであり、これまで「自由・革新・実験」の精神を土台に、伝統的な権威の壁を突き破ってきました。

VOLCOMは現在、"True To This"(忠実に)を合言葉に、一貫性と正統性、独自性を大切にしながら、ライディングスポーツの純粋な楽しさを表現しています。
VOLCOMのゴールは、アート・音楽・映像・スケートボード・スノーボード・サーフィンへの情熱を共有する人たちを繋げるコネクションを提供する事です。

私たちはいま、アスリート、アーティスト、ミュージシャンたちの活動を支援し、また、彼ら同士が繋がり、お互いのクリエイティビティーをともに発揮できる場を創出することにも力を注いでいます。

こうしたコラボレーションの試みこそが、
私たちの仕事のすべてです。
例えば映像制作部門「Veeco Productions」の映像ライブラリーや、大会は草の根活動である子供を対象としたシリーズ「Let the Kids Ride Free」から世界的なサーフコンテスト「Volcom Pipe Pro」まで主催、
インディペンデントのレコード・レーベル
「Volcom Entertainment」も社内に立ち上げました。

1991年の冬、スノーボードトリップに出かけたリチャード・ウールコットとタッカー・ホールの2人は、
"Youth Against Establishment"(権威に対抗する若者達)をコンセプトに掲げたVOLCOM創業のアイディアを思いつき、サーフィン・スケートボード・スノーボードを1つのブランド展開する
「アメリカ初のボードカンパニー」が誕生しました。

私たちのプロダクト(ストリートウェア / ボードショーツ / デニム / スイムウェア / フットウェア / アクセサリー / アウターウェア)はファッション性と機能性が融合し、品質と快適さ、アスレチックパフォーマンスにも優れているのが特徴です。

男性、女性、そして若者向けに、私たちは多様なライフスタイルを示すだけでなく、生きていくことの能力そのものを拡張するような、意味のあるプロダクトを責任を持って作り続けていきます。